www.viagragenericmed.com

ナビゲーション: トップ > バイアグラの応用

バイアグラの応用

使用にそれと実行された速度試験を売るために発展して、そこなしでのためのアメリカの承認データは、副作用死(有害な影響)制限の観点と国で臨床試験を行っている厚生省で、ファイザーによる1999年1月25日の3月23日に、生産承認から医療機関で売られました。
その時まで治療的な非常事態で高かった反HIV治療薬のために、この速度試験は実行されました。
しかし、完了した経口避妊薬の認可使用は10年以上続きました。
そして、安全な確証は拒絶され続けて、1999年6月2日にそれを承認されたものと比較しました。
そして、この決定がいつ任意だったかについて疑問に思う声がいろいろなグループ(医療関係者)からそれ上がりました。

シルデナフィルに関してはペニスだけでなく脳を通して血管拡張を促進することができることによって、いろいろな病気のための脚色は、現在よく見られます。
例えば、慢性心臓の病気(肺高血圧(特に新生児(心室間中隔欠損と動脈管は開存性徴候を徹底調査します)と開心術(急性肺怪我)の芸術の後))が、あります。
肺動脈関連の肺高血圧治療薬のLevathioは、2008年4月から自由にされます。

こういったようにバイアグラの基は広く使用されています。